乾燥肌

乳酸菌でインフルエンザも予防できちゃう?!

冬の季節になると毎年大流行する病気が存在します。
テレビでも1月2月になればこのニュースが多くなり、日本のみならず世界が注目している病気の一種ともなっているのです。
その事から自分でも出来る様々な予防方法や対処方法も存在していますが、毎年いずれかの方法を駆使して予防しているのではないでしょうか。

そのような世間でも厄介とされている冬の病気がインフルエンザです。
現代では医療機関のみならず食生活から出来る簡単なインフルエンザ予防が紹介されていますが、その中の1つに乳酸菌による予防方法も含まれているのです。
乳酸菌とは一般的に、便秘改善で有ったり腸内活性化・更にはダイエットにも効果が有るといわれてますが、もちろんこれらの効果も実在しています。

では、どうしてこの乳酸菌がインフルエンザにまで効果を発揮するのでしょうか。
それには免疫力と言う言葉に関連してくるのです。
インフルエンザが発症すれば頭痛・咳・発熱・咽頭痛と言った症状が多く見られ、その期間も通常の風邪に比べれば長期間長引く物なのです。

これらの症状に共通している原因とは、全て人間の免疫力が低下してしまっている事にあり、インフルエンザのウィルスが体内に入ってきた時に免疫細胞が働かないのです。
その為に簡単にインフルエンザのウィルスを簡単に体内に許してしまうのです。
この免疫力をつける為にはどうすれば良いのか、と言う事なのですが、免疫細胞が多く存在するの腸内と言われています。

その事から腸内を健康的に保ったり活性化させる事によって免疫細胞の働きはより効果を発揮します。
だからこそ、乳酸菌の腸内活性化と言う効果がインフルエンザには重要な役割であり、腸内の免疫細胞を活発にするには必要不可欠なのです。
この事から、乳酸菌でインフルエンザも予防出来てしまう事は可能であり、免疫力の低下を防ぐ為には重要な成分なのです。
腸内の免疫細胞を活発にする事でインフルエンザのウィルスを未然に防ぐことが出来、厄介な症状を発症させずに済むのです。
インフルエンザだけでなく、乳酸菌でノロウィルス対策もできるそうです。

Copyright© 2011 毎日を健康に過ごすために必要な栄養素 All Rights Reserved.